自転車が大好きな人の日記


by tanemugi5

台風13号

やってきました、台風。
台風13号が九州北部を通過した。
私は祖父母の住む長洲に帰っていただが、もちろん暴風域。
夕方6時過ぎに停電し、復旧したのは夜中。

朝起きてみると、
車庫のトタン屋根が一枚吹き飛んでいた! 
さっそく新しいトタンを買い、屋根に上って修理作業。

そこで元気なのが祖父86歳。
さっそうと屋根に登り、電気ドリルで作業開始。
すごいなぁ。
本当に元気やなぁ。

私も負けられん!
[PR]
# by tanemugi5 | 2006-09-18 22:54 | 長洲

cinelliのフォーク

長い夏の旅から無事帰福。
その旅の収穫がこちら。
f0056370_205524.jpg

fi'zi:kのサドル。
それもアリオネの「クネゴ」モデル!

そして、塗装を終えて戻ってきたcinelliプロキシモのフォーク。
f0056370_232173.jpg

きれいなべルベットブルーに仕上がりまして、組み立てるばかり。

9月中の完成を目指す!
[PR]
# by tanemugi5 | 2006-09-10 22:59 | 自転車

ペンネンネネム

今日は金沢発の北陸本線始発に乗って京都へ向かう。
途中で長浜に寄り、竹生島を見学。
その後、宿泊予定地の京都へ。

京都の観光地は人が多くて嫌いなんだが、
郊外に出ると自転車も走りやすく、古い町並みを見ながらサイクリングできる。
今日は堀川今出川交差点の近くにある古本屋兼カフェ「ペンネンネネム」へ行く。
f0056370_1049821.jpg
f0056370_10492052.jpg

ここは宮沢賢治の作品がそろっていて、
店主さんのそろえた小説類も面白いものがそろっていた。

私がはまったのは『ペンギンの憂鬱』という小説。
著者はウクライナ人のアンドレイ・クルコフさん。
憂鬱症のペンギン、ミーシャの描写にほのぼのさせられる。

そんなこんなで2時間ほど本を読んだ後、船岡温泉という銭湯に入って就寝。
明日は、いよいよ九州に帰る。
[PR]
# by tanemugi5 | 2006-09-09 22:25 | 食い物屋

キャンプ

今日から1週間、埼玉の山奥でキャンプ。
10人ほどの学生と、10人ほどの子供たちで野外生活を送る。
とっても不思議な空間だ。
f0056370_1195083.jpg

小さな山の一角を借り切って、丸太やビニールシートで思いのままに小屋などを建てている。
もちろん、すべて手作り。
柱などは、山から木を切り出して、皮剥きをした丸太を使う。
f0056370_1373567.jpg

これは現在建設中の建物。
漆喰まで塗って本格的です。
私は今回、この建物のための土留め作業をしてきました。


キャンプ生活の中で、私のお気に入りは囲炉裏だ。
f0056370_1251276.jpg

暇さえあれば囲炉裏の前に陣取って、火の番をしている。
炎を見ていると心が不思議と落ち着く。
もちろん薪割りもする。
まさかり使って特訓も経験済みです。

キャンプファイヤーも楽しい。
群馬の川で川遊びもした。
童心に返って思いっきりはしゃいだ!
カジカ釣りもしたよ。

なにより楽しいのが、たくさんの友達に囲まれて過ごすこと。
このキャンプの間しか会えない者がほとんどだが、
すすや煙で真っ黒になり、寝袋で野宿をした仲というのは特別でしょう。

飯もうまい!
キャンプというと世間一般ではカレーが定番なのかな。
でも、私たちはダッチオーブンなどを駆使して、ピザからバームクーヘンまで作ってしまう。
もちろん囲炉裏でバーベキューも!
下の写真は、昼食の準備をしているところ。
この日のメニューはパスタでした。
f0056370_1325549.jpg


夜は野宿をして星空を眺めながら寝たたりする。
[PR]
# by tanemugi5 | 2006-08-23 22:16 | たび

おやつモダン花野季

相変わらず動かないクーラー。
風通しの悪い我が家においては、外のほうが涼しいのではないか?と思ってしまう。
とりあえず、涼をもとめて部屋の外へ。

今日は西区は今宿にある「花野季」へちょっとしたサイクリング。
f0056370_10182276.jpg

もともとプリンの有名な菓子屋だったのだが、最近は飲食スペースが充実。
f0056370_10194813.jpg

f0056370_1021294.jpg

プリンアラモードとクリームあんみつ。
おいしかった!
[PR]
# by tanemugi5 | 2006-08-12 22:13 | 食い物屋

能登半島ツーリング

今日は能登半島最終日。
とはいっても、18切符で九州まで帰らなくてはならない私には時間がない。
朝3時に起き、4時に出発。
お土産の詰まった推定6キロほどあるバックパックを背負って自転車にまたがる。

早朝のツーリングは楽しい。
気温は20℃そこそこと涼しく、太陽の光が心地よいほどだ。
もともと少ない交通量はさらに少なく、動き始めた路線バスに会う程度。
散歩やランニングをしている地元の方々とすれ違う。
お年寄りは元気だな。

上り坂でヘタっていた私に「がんばれいっ!」と声をかけてくださった自転車おじさん。
なにより、同じようにツーリング中の方の激励には

走行距離42.58km
走行時間2:18'08
平均時速18.5km/h
最高時速41.3km/h

344.89km
[PR]
# by tanemugi5 | 2006-08-07 22:26 | たび

能登半島ツーリング

今日は、日本海側の曽々木海岸から九十九湾に抜ける。
やはり暑さを避けるために、朝7時に出発。

ツーリングマップルに載っていた「日本海倶楽部」で、地ビールをいただく。
f0056370_1494055.jpg
f0056370_1494827.jpg
f0056370_1495895.jpg


夜には、舟に乗って漁に出た。
泊まった宿の方が地元の漁師さんで、船に乗せてくださったのだ。
さびき釣りでアジを釣り、それを刺身にして食べた。
うまかった!

走行距離83.59km
走行時間5:08'19
平均時速16.2km/h 
最高時速49.9km/h
[PR]
# by tanemugi5 | 2006-08-06 22:33 | たび

能登半島ツーリング

今日は朝6時に起き、7時から走り始める。
目的地は木の浦海岸にあるという「二三味珈琲」。
f0056370_12504310.jpg
f0056370_12505366.jpg

石川県内では有名な珈琲豆専門店で、珈琲好きなら聞いたことのある店なそうな。
ただ、店自体は能登半島の先っぽに一店あるのみ。
見た目のとおり舟小屋。
豆をひいてもらうと、小屋中に珈琲の香りが漂う。

この店で修行中のお兄さんと話していたら、実は彼も九州出身とのこと。
そして来年あたり、大分県は耶馬溪にて珈琲店を開く予定だそうだ。
なんとも偶然!
耶馬渓なら能登半島よりは気軽に珈琲を買いに行くことができる。
ちなみに、福岡では「cafeふら」にて二三味珈琲を味わうことができます。

f0056370_1304817.jpg

店の前には、木の浦海岸が広がり、驚くほど澄んで気持ちのいい海だ。

二三味珈琲をあとに、能登半島の先端部分をまわる。
f0056370_13294983.jpg
f0056370_13295797.jpg


走行距離93.14km
走行時間5:21'24
平均時速17.4km/h
最高時速48.2km/h
[PR]
# by tanemugi5 | 2006-08-05 12:33 | たび

能登半島ツーリング

f0056370_1372810.jpg

能登半島にツーリングにやってきた。
8月3日から7日までの予定。
f0056370_1374139.jpg
f0056370_1375375.jpg

[PR]
# by tanemugi5 | 2006-08-04 23:29 | たび

板屋峠

久しぶりに板屋峠にてトレーニング。
暑い時間帯を避け、夕方4時ごろに出発。
山の中は非常に涼しかった。

板屋峠に行く理由は、紅茶。
峠を越えた反対側、那珂川町にある「紅茶亭」に行くため。
ここの紅茶は安くておいしい。
もちろん、マリアージュフレールなど高いものもいいけれど、お金が・・・・・・。
f0056370_1461311.jpg

カレルチャペックという紅茶屋の紅茶缶に詰め替えて使っている。
f0056370_1463054.jpg


走行距離58.63km
[PR]
# by tanemugi5 | 2006-07-30 23:39 | 自転車