自転車が大好きな人の日記


by tanemugi5

カテゴリ:たび( 14 )

帰国

本日、無事日本に帰国。

25日11:50JFK空港発
26日14:30成田空港着
そう、時差があるため実質の飛行時間13時間以上に時がたつ。
しかも、成田からさらに福岡まで2時間ほど飛ばなくてはならない・・・・・・。

でも、帰国って本当に気が楽ですね。
入国手続きは「こんにちは」と言ってスタンプを押せば終了。
提出する書類もなし。
なにより表示は日本語で日本語が通じる。

後は、時差ボケを解消するだけ。
[PR]
by tanemugi5 | 2007-03-26 09:40 | たび

ワシントンDC

今日はニューヨークからワシントンDCへと旅をする。

ニューヨークのチャイナタウンから格安高速バスに乗って4時間。
到着したワシントンDCのチャイナタウンもまた中心部に位置している。
恐るべしチャイナパワー。
NY~ワシントンDC間の往復チケットが$35。
まぁ、しょっちゅう故障したり警察の検問に引っかかっているらしいのだが。

DCに着いて早々、建物の大きさと荘厳さに圧倒される。
まず目につくのがワシントンモニュメント。
でかい・・・・・・。
そしてキャピタルにスミソニアン博物館群。
意外と小さかったのがホワイトハウス。
もちろんフェンス越しにしか見ることができなかったので詳細は分からないが。

とりあえず、今日は対岸のアーリントン墓地へと向かう。
ホワイトハウスから歩いても30分ほどだ。
ポトマック川を渡ると、見渡す限りがアーリントン墓地。
白い墓標が規則正しく並んでいる。

この中には、先の太平洋戦争で亡くなった方々も眠っている。


今晩の宿はユースホステル。
電話での予約がうまくできているか心配だったが、問題なかったようだ。
なんたって無茶苦茶な英語だったから。
とにかく寝よう。
[PR]
by tanemugi5 | 2007-03-18 23:57 | たび

NY

実は今、アメリカはニューヨークに来ています。

今日はMOMA(ニューヨーク近代美術館)に行ってきた。
朝10:30の開館に合わせて行ったのだが、それでも並んでいる。
ただ、館内は広いのでチケットを手に入れればゆっくり見て回る事ができた。

なにより有名なのはピカソとマティスのコレクション。
必ず美術の教科書に載っている作品が並んでいる。
しかもでかい。
ピカソのアビニョンの娘たちなんて、ゆうに私の倍はある。
色も,印刷されたものとは比較にならないほど鮮やかで美しい。

やっぱり本物はいいですね。

そのあと、ニューヨークの自転車乗りに聞いた自転車店「SID'S」へ。
金持ちの多いニューヨークとだけあって、並んでいるのは高級ブランドのロード。
とくにORBEAに力を入れているようで、かなりのコレクション。
しかもカッコイイ!

私はKINGのゴールドのスペーサーを購入した。
お揃いのヘッドもあったけど$139は高すぎる。
ほかにもメタリックピンクやグリーンがあって面白い。

店員さんも親切で、片言の英語しか話さない私に丁寧に接客してくれた。
私が日本でMTBやチネリのロードに乗っている事を話すとうれしそうだった。
やはり自転車乗りは、言葉の壁を越えて仲良くなれる。

余談だが、ニューヨークで良く見る自転車はキャノンデールだ。
その次にTREK。
TREKは人によって好き嫌いがあるらしく、上記の店にもTREKは置いていなかった。
反対にTREKのみしか扱わない自転車店もある。
あとは、ピナレロやTIME、ビアンキなどはセントラルパークなどで見かける。
残念ながらチネリにはお目にかかった事がない。


その後、Prak.AVにて弱者切り捨てに対するデモを避けつつ、南下。
グラウンドゼロやシティホールを見学して、路地裏の店をのぞいたり。
今日の収穫は、中古や割引の本を扱う店。
定価の半額ほどで本を手に入れる事ができた。

でも、帰国の際,重くなるな。
[PR]
by tanemugi5 | 2007-03-15 21:29 | たび

NYRR

ここニューヨークにはNew York Road Runnresという団体がある。
市民の運営するスポーツ団体で、おもにマラソン大会を主催している。
有名なのがニューヨークシティーマラソン。
でも、毎週末のようにセントラルパークで中距離のレースが開かれている事は始めて知った。

そして、旅行者である私も簡単に参加出来る。
とりあえず4M(6.4km)のレースに参加した。
レースと言っても、3000人近くが走るわけで、まるでピクニック。
みなしゃべりながらや歩いている人も多い。
一種のレクリエーションだ。

お陰で気楽に走る事ができた。
が、正確な個人のタイムもネット上に掲載され、ゼッケンやTシャツもある。
今回はガン基金の主催であったため、参加費はがん基金へとまわされる。
なかなかよくできたシステム。

走り終わると、ベーグルやリンゴが配られるのはアメリカらしい。
こちらのリンゴは手のひらサイズでかじりつくのに丁度いい。

それになにより、
スパッツにTシャツ姿で地下鉄に乗っていても全く恥ずかしくないってところがいい。
NYは地下鉄にしてもバスにしても皆さまざまな格好をしている。
一見してジム帰り,ランニング帰りと分かる人の隣りにスーツ姿のビジネスマン。
特に誰も気にしない。
だいたいおしゃれをして歩いてるのは一部の富裕層か観光客。
一般的な市民はジーンズにスニーカー、ウィンドブレーカー。
この格好が目立たなくてしっくりくる。

そのおかげか、私はチャイナタウンに住む中国人だと思われているようだ。
郵便局でお爺さんから中国語で話しかけられたり、
トラックの運転手から「ニーハオ」と挨拶されたり。

まぁ、観光客と思われるよりは安全なのかもしれない。
[PR]
by tanemugi5 | 2007-03-07 21:52 | たび

帯広にて初スキー

更新が遅れましたが、北海道は帯広にてスキーをしてきました。

帯広に住む友人を頼り居候・・・・・・。
冬の北海道は交通手段がなく難儀するといいますが、その通り。
新千歳空港から日勝峠を越えて帯広まで車で4時間。
峠頂上付近で吹雪に見舞われながら、50km/h以上で車を飛ばす友人。
北海道の人はすごい!

スキーは糠平温泉スキー場と芽室スキー場にて。
どちらも観光地ではなく地元の方が訪れるスキー場です。
人も少なく、その代わりに訓練中の自衛隊員がいたのが印象的。
十勝平野を眺めながらのスキーはなかなかでしたよ。
f0056370_231755.jpg

道道を利用して作られたコース。
雪に埋もれた道道を走るので、途中には道路標識やミラーが。
北海道ならではのスキー場です。
f0056370_235143.jpg


もちろん、スキー以外は食べ物ツアー。
海産物はもちろん、六花亭を食べ放題。
f0056370_28721.jpg

初めて食べた北海道名物「スープカレー」は美味!


でも、寒さのため肌はボロボロになりました。
やはり九州生まれ九州育ちに北国は合わんようです。
[PR]
by tanemugi5 | 2007-02-15 23:59 | たび

自転車で日本縦断

20日の夕方一通のメールが届く。
「いま海ノ中道にいるのだけど、野宿できるかな?」
海ノ中道で野宿というのは、あまりよろしくない。
「家に来て泊まったら?」
そんなことで、7畳ほどの部屋で雑魚寝をすることになった。

メールの相手は、北海道から自転車で日本縦断を敢行中の大学生二人組み。
夏休みに名古屋の宿で相部屋になった縁で、メールアドレスを交換していたのだ。
自転車でつながった縁というのは不思議と強い。

夜は、鍋をしながらいろいろな話をした。
二人は北海道在住なので、北海道の自転車事情についてなど。
富良野美瑛は走ったけれど、また走りたい場所が増えた。
面白かったのはアルバイトの話で、
牛の搾乳バイトや、ジャガイモの収穫、昆布取りなどが時給がいいらしい。
さすがは北海道。

そして、今日は朝から彼らを送って大宰府までツーリング。
福岡市内は道が複雑で、なおかつ渋滞がひどい!
抜け道を駆使して大宰府まで走る。
梅が枝餅で腹ごしらえをし、二人は旅立っていった!
f0056370_1553615.jpg

最終目的地は沖縄!
日本縦断達成報告を楽しみに待ちましょう!
[PR]
by tanemugi5 | 2006-09-21 23:25 | たび

キャンプ

今日から1週間、埼玉の山奥でキャンプ。
10人ほどの学生と、10人ほどの子供たちで野外生活を送る。
とっても不思議な空間だ。
f0056370_1195083.jpg

小さな山の一角を借り切って、丸太やビニールシートで思いのままに小屋などを建てている。
もちろん、すべて手作り。
柱などは、山から木を切り出して、皮剥きをした丸太を使う。
f0056370_1373567.jpg

これは現在建設中の建物。
漆喰まで塗って本格的です。
私は今回、この建物のための土留め作業をしてきました。


キャンプ生活の中で、私のお気に入りは囲炉裏だ。
f0056370_1251276.jpg

暇さえあれば囲炉裏の前に陣取って、火の番をしている。
炎を見ていると心が不思議と落ち着く。
もちろん薪割りもする。
まさかり使って特訓も経験済みです。

キャンプファイヤーも楽しい。
群馬の川で川遊びもした。
童心に返って思いっきりはしゃいだ!
カジカ釣りもしたよ。

なにより楽しいのが、たくさんの友達に囲まれて過ごすこと。
このキャンプの間しか会えない者がほとんどだが、
すすや煙で真っ黒になり、寝袋で野宿をした仲というのは特別でしょう。

飯もうまい!
キャンプというと世間一般ではカレーが定番なのかな。
でも、私たちはダッチオーブンなどを駆使して、ピザからバームクーヘンまで作ってしまう。
もちろん囲炉裏でバーベキューも!
下の写真は、昼食の準備をしているところ。
この日のメニューはパスタでした。
f0056370_1325549.jpg


夜は野宿をして星空を眺めながら寝たたりする。
[PR]
by tanemugi5 | 2006-08-23 22:16 | たび

能登半島ツーリング

今日は能登半島最終日。
とはいっても、18切符で九州まで帰らなくてはならない私には時間がない。
朝3時に起き、4時に出発。
お土産の詰まった推定6キロほどあるバックパックを背負って自転車にまたがる。

早朝のツーリングは楽しい。
気温は20℃そこそこと涼しく、太陽の光が心地よいほどだ。
もともと少ない交通量はさらに少なく、動き始めた路線バスに会う程度。
散歩やランニングをしている地元の方々とすれ違う。
お年寄りは元気だな。

上り坂でヘタっていた私に「がんばれいっ!」と声をかけてくださった自転車おじさん。
なにより、同じようにツーリング中の方の激励には

走行距離42.58km
走行時間2:18'08
平均時速18.5km/h
最高時速41.3km/h

344.89km
[PR]
by tanemugi5 | 2006-08-07 22:26 | たび

能登半島ツーリング

今日は、日本海側の曽々木海岸から九十九湾に抜ける。
やはり暑さを避けるために、朝7時に出発。

ツーリングマップルに載っていた「日本海倶楽部」で、地ビールをいただく。
f0056370_1494055.jpg
f0056370_1494827.jpg
f0056370_1495895.jpg


夜には、舟に乗って漁に出た。
泊まった宿の方が地元の漁師さんで、船に乗せてくださったのだ。
さびき釣りでアジを釣り、それを刺身にして食べた。
うまかった!

走行距離83.59km
走行時間5:08'19
平均時速16.2km/h 
最高時速49.9km/h
[PR]
by tanemugi5 | 2006-08-06 22:33 | たび

能登半島ツーリング

今日は朝6時に起き、7時から走り始める。
目的地は木の浦海岸にあるという「二三味珈琲」。
f0056370_12504310.jpg
f0056370_12505366.jpg

石川県内では有名な珈琲豆専門店で、珈琲好きなら聞いたことのある店なそうな。
ただ、店自体は能登半島の先っぽに一店あるのみ。
見た目のとおり舟小屋。
豆をひいてもらうと、小屋中に珈琲の香りが漂う。

この店で修行中のお兄さんと話していたら、実は彼も九州出身とのこと。
そして来年あたり、大分県は耶馬溪にて珈琲店を開く予定だそうだ。
なんとも偶然!
耶馬渓なら能登半島よりは気軽に珈琲を買いに行くことができる。
ちなみに、福岡では「cafeふら」にて二三味珈琲を味わうことができます。

f0056370_1304817.jpg

店の前には、木の浦海岸が広がり、驚くほど澄んで気持ちのいい海だ。

二三味珈琲をあとに、能登半島の先端部分をまわる。
f0056370_13294983.jpg
f0056370_13295797.jpg


走行距離93.14km
走行時間5:21'24
平均時速17.4km/h
最高時速48.2km/h
[PR]
by tanemugi5 | 2006-08-05 12:33 | たび