自転車が大好きな人の日記


by tanemugi5

カテゴリ:自転車( 31 )

野河内渓谷

今日はうだるように暑かった。
こんな日には、涼しさを求めて渓谷へ。
昼過ぎからトレーニングをかねてサイクリング。
f0056370_1124319.jpg

f0056370_1101770.jpg

市街地から15キロほどしか離れていないのに、気温が違う!
羽黒トンボが舞うのどかなところです。
ただし、行くまでは地獄・・・・・・。

本日の走行距離34.98km
     平均時速19.7km/h
     最高時速47.2km/h
[PR]
by tanemugi5 | 2006-07-12 23:05 | 自転車

第6ステージ

ツール・ド・フランス第6ステージ。
ステージ優勝は、スプリントでの強さが光るマキュアン!
ボーネンが不調なだけに、彼の強さが目立つ。
f0056370_0555224.jpg

今日は、ゴール直後に腕を振って喜びをあらわした。
なんとも憎めないキャラクター。
f0056370_0572575.jpg

34歳だというけど、かっこいいな。
[PR]
by tanemugi5 | 2006-07-07 23:50 | 自転車
今日はツールドフランスの第4ステージ。
昨日の第3ステージのスプリントも見ものだった!
今年のツールには、バッソやウルリッヒがいない。
そのかわり普段は目立たない選手が大活躍の予感・・・・・・。

ちなみに、私はチームディスカバリーのジョージ・ヒンカピーに賭けているのですが。
f0056370_14391920.jpg

こんなサングラスが似合う人も少ないんじゃないかな。
[PR]
by tanemugi5 | 2006-07-04 14:41 | 自転車

PINARELLOのロードレーサー

珍しく雨のない梅雨の晴れ間。
こんな日には、なまった体を動かすべし!

相変わらず板屋峠に行ったのですが、
今回は友人から借りたPINARELLOのロードレーサーで!

登りが軽い!
平地もすいすい進む!
面白いくらいスピードが出る!

やっぱりロードレーサーはいいなぁ。
カーボンっていいなぁ。
と、実感しました。

でも、舗装の悪い道はマウンテンがいいですね。
f0056370_9434148.jpg

ちなみに、上の写真がカーブごとについた看板。
登り始めると1から始まって29カーブの次が峠の頂上。
登りの目安になるので助かる。
この33は下る途中の看板です。

本日の走行距離57.6km
     平均時速18.0km/h
     走行時間3:11'01
[PR]
by tanemugi5 | 2006-06-28 23:42 | 自転車

Thomas VOECKLER

blogの公開画像を変えてみた。
f0056370_0334426.jpg

彼は、2004年のツール・ド・フランスで10日間もマイヨ・ジョーヌを守る奮闘を見せた。
あのランス・アームストロングを押さえて!
山岳に強いわけでもなく、
スプリンターでもなく、
だからといってオールラウンダーでもない。
でも、アタックを仕掛けたりしてレースを面白くしてくれる。
そういう人を、スピードマンというそうだ。(「CYCLE SRORTS」より)
今年も活躍してくれることを期待している。
でも、私の本命はジョージ・ヒンカピー(ディスカバリー)ですが。

最近Jsportsでは、06ジロ・デ・イタリア、05ツール・ド・フランスが連日放送され、
ちょっと前までは06ツール・ド・スイスが生中継されていた。
J:com万歳!
[PR]
by tanemugi5 | 2006-06-24 22:31 | 自転車

アップルパイ

 今日もまたまた板屋峠に行った。
 
 板屋峠に行く理由は、
 距離が適度で、交通量も少ないこと。
 そして、「森のパンせふりの」!
f0056370_22544628.jpg

 ここのアップルパイがとてもおいしい!
 食欲に支配されてるなぁ・・・・・・。

 本日の走行距離56.14km
平均時速17.1km/h
最高時速48.0km/h
走行時間3:16'32
[PR]
by tanemugi5 | 2006-06-10 23:01 | 自転車

再び板屋峠

今日は午後から時間があったので、トレーニング!
再び板屋峠に登ります。
もちろん愛車のMTB ラテ号(フレームはGIANT ROCK5200)
標高600メートルで、下りは渓流を眺めながら。
なんとなく石見ライドの景色と重なる。

ところが、今回はとんでもない失態を犯した。
脱水症状!
途中から頭がくらくらして、家に着くと嘔吐・・・・・・。
水分補給はまめにしなければなりませんね。
そんな常識を改めて認識した。
情けない・・・・・・。

本日の走行距離62.25km
   平均時速16.7km/h(登り7.6km/h)
   最高時速55.9km/h

話は代わりますが、
きのう今日とソフトバンク・ホークスが連勝!
おかげで近所の豆腐屋さんでから豆腐を50円引きで購入。
ここのご主人がホークスファンで、
ホークス勝利の翌日は豆腐が50円引き!

福岡はホークスの地元とあって、ホークスファンが異常に多い!
スーパーでも応援歌が流れ、
公共広告にはソフトバンクの選手が起用される。
もちろん私もホークスファン!
応援歌も歌えます!
年に数回はソフトバンクドームに応援に行くし。

私が野球好きになったのは、弟達の影響が大きい。
彼らは部活で熱心に野球をしていた。
本棚には『ドカベン』が全巻そろっていた。
これが以外に面白くて、私は三太郎が一番好き!

今年はワールドカップ開催年とのことで
『ファンタジスタ』というサッカーマンガにはまっている。
これも弟の推薦。
なんとなくサッカーがわかるようになった気がする。

自転車でもなにか面白いマンガはできないかな。
『アンダルシアの夏』を超えるような作品が・・・・・・。
[PR]
by tanemugi5 | 2006-05-31 23:22 | 自転車

石見ライド二日目

f0056370_1471369.jpg

石見ライドの二日目。
晴れ!
気温は16度。

補給食を規則正しくとっていたおかげで、筋肉痛はなし。
昨日の疲れがないわけではないが、体は軽い。

朝8:00にスタート!

昨日とは打って変わって良い天気。
やっと走りながら周りの景色を見る余裕が生まれた。
田んぼや畑が広がり、家がぽつぽつ見える。
農作業をしているおばあさん。
私が自転車で通ると
「がんばれー!」
と声援を送ってくれる地元の方々。

こうやって声援を送られるのは初めて。
緊張したが、次第に手を振って笑顔で答えることができるようになった。
とても気持ちが良い。
お昼近くには「断魚渓」という渓谷を抜けた。
なんだかツーリングをしているような楽しさだ。
f0056370_1491039.jpg


しかし、なぜか後半100kmを越えたあたりから登りがきつくなる。
二日目は一日目より楽なコースだって言ってなかったっけ?
残り20km地点のエイドステーションにて、

「残りの20kmで山はありますか?」

「ええと・・・・・・
 ほとんど山ですね。」

「へっ!?」

地図を見ると
日本海を見渡せる絶景」とある。

「海を見渡せる絶景」?
その絶景の見える峠に私は登らなくてはならないのか?
すでに250km以上走った私には酷だぁ!

「大会本部のろくでなしっ!
 マウンテンバイクの馬鹿野郎っ!」
泣きじゃくり、わめきちらし・・・・・・。
とにかく最後の20kmは悲惨だった。

そんなこんなでゴールしたのは16:30頃。

本当に疲れた! 

でも、やった!
やった!やった!やった!

マウンテンバイクにて280km完走!
来年こそは三瓶のヒルクライムに挑戦して300km走るぞ!

走行距離143.27km
(二日間の総走行距離312.74km)
平均時速19.3km
最高時速54.7km
走行時間7:23

最後に、
本大会にて亡くなった方のご冥福をお祈りします。
[PR]
by tanemugi5 | 2006-05-14 22:46 | 自転車

石見ライド一日目

f0056370_112842.jpg

石見ライドの一日目。
天気予報通り、雨・・・・・・。
しかも、気温は12度・・・・・・。

とにかく何がなんだかわからないままにスタート。
実は、自転車の大会に参加するのは今回が初めて。
しかも、周りには高級な自転車が並び、
みなが速そうに見える・・・・・・。
私のようにマウンテンバイクに乗っているのは数人。
それにもまして、女性がいないっっっ!
(参加者150人ほどのなかで女性は2,3人)

なんとか第一チェックポイント(24km?)に到着。
遅くもなく速くもなく。
とりあえず中間層には入っているようだ。
少し自信がついた。
これなら制限時間内にゴールできるかな。

でも、安心できなかったのが私の相方。
彼は私と違って、自転車のイベントに何度となく参加している。
そこそこ有名な大会で入賞したりもしている。
今回も先頭集団に入る予定だったそうだ。

しかし、
集団から離脱しては後部集団に吸収され、
また離脱しては吸収されるを繰り返している私。
そんな私の姿を見ているうちに、
そのうち吸収してくれる後部集団すらなくなり、
回収車に励まされてトロトロ走る姿を想像してしまったそうだ。

というわけで、
残り100kmほどを相方が引っ張ってくれた。
おかげで何とか制限時間内に140kmを走りきることができた。
本当に感謝!

私に付き合って走るのは、並大抵のことではない。
なんたって泣き叫ぶのだから。
だいたい山岳部が近づき、先の見えない峠が出てくると、

「なんでマウンテンバイクで登らなきゃならないのよ!
 重い!
 ビィェーーン!」

幸か不幸か、
この「石見ライド」のコースは、半分以上が山。
とはいっても傾斜はそこまでない。
ただ、なだらかな登りがたらたら続くと余計つらい。
やっと峠を越えて下ったかと思えば、目の前に上り坂が見え・・・・・・。

そのうち怒りの矛先は、

「こんなコースを設定するなんてっ!
 大会本部のろくでなしっ!」

となる。
私は気づかなかったが、周りの人はかなり引いていたらしい・・・・・・。


まぁ、完走できたのだから良かった。

朝8:30に出発して、到着したのは16:30。
だいたい7時間ほどはサドルの上にいたことになる。
不思議なものだ。

夜は、海鮮バーベキュー!
ホタテにサザエに海老に鯛!
海の幸を網焼きで食べ放題!
コースはつらかったが、この打ち上げのためなら来年も出たいな。


 
[PR]
by tanemugi5 | 2006-05-13 23:42 | 自転車

石見ライド前日

石見ライドの前日。

めったに訪れることのない島根県。
せっかくなので観光することにした。

私は、去年のゴールデンウィークにも島根を旅していた。
その際に石見銀山も訪れた。
旅に出るまで、石見銀山の存在を知りもしなかった。
もともと日本史に疎いうえ、鉱山にはとんと知識がない。
でも、朽ち果てた銀山とその周辺部ののどかさ。
非常に気に入った。
今度は「自転車でこのあたりを走ってみたい」と。

そんな私に「石見ライド」はうってつけだった。
石見銀山をメインに、石見路をサイクリング。
しかも順位はなく、制限時間内に完走すればよい。
そこで参加することにした。
初めて参加する自転車のイベントだ。
サポートしてくれる相方に感謝!


出雲大社にて、大会での無事を祈願。
その出雲大社に向かう「一畑電鉄」には自転車がそのまま積める。
こんな電車が増えるといいなぁ。
f0056370_13472810.jpg

[PR]
by tanemugi5 | 2006-05-12 21:23 | 自転車